カメラバーンのカメラ・レンズ査定方法

みなさんはカメラやレンズの買取金額がどのように算出されているかご存知ですか?
カメラ・レンズの査定方法や基準について気になっている方も多いと思います。

買取価格の算出方法はお店や査定員の方の考え方によって様々ですが、ここでは当店がどのように 日々査定を行っているのかご紹介させて頂きます。

ボディ査定編

1.お預かりした商品の内容物をしっかりと確認


みなさんご存知の通り、カメラの付属品はとても細かいものが多いです。
ボディの付属品でいうとアイピースキャップなどといった小さな部品も見落とさないように 、当店ではまず届いた商品を梱包から取り出して細かく確認しています。

2.クリーニングと外観のチェック


お預かりしたボディを掃除していきます。
「ほこり有 -○○円」という原点式の査定方式をとっているお店もありますが、 当店ではまず出来る限り良い状態での査定を行うためにもお掃除をしています。

外観を見る際のチェックポイントは、キズの有無文字ハゲの有無、グリップ等のべたつきの有無などです。

3.光学系をチェック

ボディ内部の状況は撮影や写真の仕上がりに大きく影響する部分です。
光に当て、ファインダーにゴミの混入がないか、ミラー室の状況など を詳しく調べていきます。
いくら外観が新品同様でも内部に欠陥があれば当然価格は上がりません。
しかしその逆の可能性あり、外観に多少難があっても内部がキレイな状態であれば 欲しいと思う人も増えるのです。

当店ではそういった事情も考慮して、査定を行っております。

4.動作の確認

当店備品のレンズを装着し、動作確認を行います。
実際に一点一点撮影し、写真を確認しています。
動作確認では通電するかシャッターが降りるか、 内蔵フラッシュが正常に作動するか、ボタンや操作部は作動するか、 液晶画面が正常に表示されるか、などを見ていきます。
見積りの段階でお客様にはしっかりと状態確認をさせて頂いていますが、「 久しぶりに出したら具合が悪くなっていた。」ということも多々ありますので、 確認のため念を押して行っております。

5.一点一点の状態を考慮して買取金額を算出

当店では商品一点一点の状態を中古市場と照らし合わせ、買取金額を算出しています。

手書きの計算表は少し時代遅れと感じる方もいらっしゃるかと思いますが、 商品の数だけ、異なる状態がありますので査定員が毎回誠意をもって計算させて頂いております。

レンズ査定編

1.クリーニングと外観のチェック

ボディと同じようにお預かりしたレンズのお掃除をしていきます。
フード取り付け用の溝など、細かなところを掃除するだけで大きく印象が変わってきます。

続いて外回りにキズ文字ハゲなどがないかチェックします。

ズームリングのべたつきもチェック項目の一つです。一点一点細かく状態を見ていきます。

2.光学系のチェック


光にかざし、前玉・後玉のキズ(拭き傷含む)の有無くもりバルサム切れカビの発生がないかチェックします。
一言にカビと言ってもその発生状況は様々です。
当店では「カビ -○○円」と明確な減額基準は設けておりません。

ボディと同じようにカビの発生状況によって欲しいという方もいらっしゃいます。
カビ発生は一律-○○円といった方式ですと、お客様が損をしてしまうこともあります。

3.動作の確認

動作確認用のボディで、動作確認を行います。
レンズの動作確認ではボディに認識されるか
AF(オートフォーカス)が正常に動作するかAF鳴きなどの異音はないか、絞り羽根(しぼりばね)が正常に動作するか、 ズームリングが正常に動作するかなどが挙げられます。

4.査定金額の算出

ボディ同様、レンズも市場価格や商品の状態を考慮し、一点一点査定額を算出しています。
お聞きしていない不具合などが見つかるなど、よほどのことがない限り減額することはございません。

最後に

いかがでしたでしょうか。以上がカメラバーンの査定方法です。
もちろん査定を行う際は、お客様に返送する可能性も考えて、必ず手袋をして、慎重かつ丁寧な扱いを心がけておりますのでご安心下さい。

日本のカメラやレンズは世界中でも高い評価を得ています。
あなたのおうちに眠っていくカメラをどこかで探している人がきっといるはずです。

ご不要になったカメラ・レンズは是非当店にお任せ下さい。


また、買取のご依頼以外にも査定についてご不明な点がございましたらお気軽にお問合せ下さいませ。

それでは皆様からのご依頼心よりお待ちしております。


カメラ買取専門店 カメラバーン