買取価格を下げない 日々のお手入れ4ヶ条!



みなさんの愛機、ちゃんとお手入れしてあげていますか?

近年の技術成長とともにカメラ・レンズの性能もどんどん高まっていますが、正しいお手入れをしてあげなければ 本来の性能が発揮されないだけでなく、故障・劣化の原因となってしまいます。

買ったばかりの憧れだった機材を手にしている方には想像も出来ないかもしれませんが、 下取り、買取依頼するときにお手入れが行き届いているかどうかで査定価格は大きく変わってきます。

そこで、このページでは冒頭にあるお手入れ4ヶ条に基づき、 カメラ・レンズの日頃のお手入れ方法についてご紹介させて頂きます。

準備:道具をそろえましょう


みなさんご存知の通り、 カメラやレンズはとてもデリケートな光学機器です。 お手入れする際には専用の道具で行いましょう。
お手入れする際の必需品は右の写真の三点です。
左から「クロス」、「ブラシ」、「ブロアー」です。 レンズにキズをつけないためにもクロスはボディ用とレンズ用を用意するとなお良いでしょう。

右の写真は市販されている「お手入れキット」です。 ネット通販などで手軽な価格で入手することができます。
1セットあるだけで格段にお手入れがしやすくなるのでおすすめです。

レンズクリーナー液の使用についてはカメラファンの間でも意見がわかれています。 クリーナー液を使用する時は少量ずつ慎重に行いましょう。

ボディ編

たくさん触れるボディは汚れがたまりやすいものです。
使用後には正しい手順でお手入れをしてあげましょう。

1.大きなゴミをおとす

屋外撮影時などは特に多くゴミが付着します。ボディ外部にブロアーで送風し、 大きなゴミを飛ばしてあげましょう。
ブロアーで一通り吹いたら、今度はブラシで細かいゴミをはらっていきます。


操作ダイヤル・ボタン回り、内蔵フラッシュ周辺等 こまかい溝には特に汚れがたまりやすいです。
ブラシで汚れが落ちない時は綿棒等を使用して入りずみもきれいにしましょう。
仕上げにボディをクロスで拭いたら外回りは終了です。

2.マウント部分を軽く拭く

レンズと触れるマウント部分は黒い汚れがつきやすいですね。
この黒い汚れを放置するとサビや不具合のもとになるのでこまめに拭いておきましょう。

4.ミラー室のほこりをブロアーで飛ばす

ボディでもっともデリケートなミラー室。内部には直接手を触れないようにしましょう。
ブロアーで送風する際にもボディを下に向けて行い、ほこりの侵入を防ぎます。

5.最後にキャップも忘れずに拭き掃除しましょう。

ボディをピカピカにして満足し、キャップをしめてお手入れ終了
とついつい抜かしてしまいがちなボディのキャップですが、しっかりと拭いておきましょう。
外している間に意外とほこりや汚れが付着しています。


レンズ編

撮影に大きく影響してくるレンズもこまめなお手入れで美しい写りを根元から支えていきましょう。

1.大きなゴミをおとす

ボディと同じように ブロアーを使って大きなゴミを落とします。
フィルターの縁や操作部などはブラシを使ってほこりを払いましょう。

2.フィルター・レンズを拭く

大きなゴミを落とし 終わったら、フィルターやレンズのガラス面を拭いていきます。 非常に傷つきやすいのでやさしく拭きましょう。
レンズの真ん中から外側に向かってくるくると円を描きながら拭くことがコツです。
指紋などの油分を落とすのには「レンズペン」という道具が便利なので是非おためしください。

3.後玉のゴミを落とす

こちらもブロアーで大きなゴミを落とします。ほとんど外気に触れない部分なの でほとんどの場合は吹くだけで充分です。
前玉よりボディに近い分、写りに大きく影響する部分ですので慎重に行いましょう

4.マウント部分を拭く

こちらもボディのマウント部分と同じ要領で拭いていきます。
古いレンズを久しぶりに開けてみてびっくり真っ青な「緑青」が出ていた。 という方もいらっしゃるかも知れません。カビはもちろんのこと、金属部分には サビという天敵がいることも忘れずにしっかりと拭いてあげましょう。
この部分がプラスチックでできているレンズも増えてきましたが、 こまめに掃除して後玉に汚れが移らないようにします。

5.外回りとキャップを拭く

レンズがきれいになったら外回りと前後のキャップを拭き掃除します。
意外と汚れているのがフードを取り付ける溝スイッチ周辺です。
爪を立てるなどしてお掃除しましょう。この部分の汚れが落ちると一気に 見栄えが良くなります。

レンズの外回りは撮影時によく触る部分なので、こまめにお掃除してあげましょう。



保管場所について

とても重要な保管場所。湿気に油断大敵です

カメラ・レンズにとって一番の脅威が「湿気」です。
日本に住んでいる限りこのやっかいな敵とは上手に付き合っていくしかありません。
大事にしまっていたレンズを覗いてみたらカビが発生していた・・・。
そんな苦い経験をお持ちの方も多いはず。

そんな時は市販の乾燥剤(シリカゲル、石灰乾燥剤等)がおすすめです。 (右の写真は一例です)

これをレンズケースやカメラケースの中入れておくだけでも湿気を抑える事ができます。
ですが、なにより時々外に持ち出してあげるのが一番です。外気にあてて、湿気をとばしてあげましょう。 こまめに状態をみてあげればトラブルを未然に防ぐことができます。

以上、カメラバーン流、カメラ・レンズのお手入れ方法でした。
大切なカメラやレンズはいつでも使用できるように、お手入れをしっかりとして大切にしまってあげましょう。
いつもと様子が違う、異音がする。そんな時は放置せずにメーカーに問い合わせて確認するとことも大切です。

日頃のお手入れで撮影の魅力を存分に楽しみましょう!


カメラ買取専門店 カメラバーン