【カメラ魅力百選】Canon EF 50mm f/1.8 II

―――こんなに良いレンズが1万円以下。これをきっかけに単焦点レンズにどっぷりとハマる。

いまから25年以上前の1990年12月。Canonから1本の単焦点レンズが発売されました。
今尚初心者から上級者まで多くの人に愛される「EF 50mm f/1.8 II」の誕生です。

 

一眼レフカメラを使用する人にとって最大の楽しみと言っても過言ではない「ボケ」。

1枚の写真の中で「主役」を際立たせ、時に様々なイメージを鑑賞者に与えます。

 

そのボケにあこがれ、コンデジからステップアップする方も多いはず。

わたしもその一人です。

 

ボケや描写力が素晴らしいと分かっていても、初心者がキットレンズから1本買い足すには少々敷居の高いものばかりです。

 

その中でひときわ目立つ、低価格・超軽量のレンズがこの「EF 50mm f/1.8 II」です。

実勢価格ではすでに新品で1万円を下回り、誰でも気軽に購入できるこのレンズはまさしく「キヤノンのユーザー愛」が込められた1本ではないでしょうか。

 

最近ではこの1本だけで出かけることも増えています。ズームできない分、自分で動き回って撮影するので新しい発見がたくさんあります。

 

また、かなり被写体に寄って撮影することもできるので、人物やペット、植物などをイキイキと写しだしてくれます。

 

有名写真家の荒木経惟氏も単焦点の標準レンズ1本で撮影することにかなりこだわりを抱いているそうで、

その近い「距離」こそが被写体の魅力を最大に引き出せるという旨のことをおっしゃっていました。

 

50mmの単焦点。遊び方は無限にありますのでコスパ抜群のこのレンズで一眼レフ生活を満喫できます。

 
―――とにかく身軽に撮影できる。これなら首からカメラを掛けて歩いて楽々。撮影の幅が広がった。

 

 

また、ほとんどをプラスチック製にしたことで携帯性も抜群。

なのでいつものキットレンズに足しても良し。これ一本だけでストイックに撮影するも良し。

 

ユーザーの間ではこのレンズをきっかけにレンズの魅力に取り付かれる人が多いため、

「撒き餌レンズ」とまで言われています。

まさしく一眼レフカメラの醍醐味単焦点レンズの魅力をギュギュっと凝縮したような「布教」レンズです。

 

低価格ゆえに、AFの速度や精度はやや甘めですが、それでもこの写りを考えるとコストパフォーマンスは群を抜いております。

 

中には予備で何本も手元においているユーザーがいるほど。とことん「気軽」に使用できる名レンズです。

 

憧れのフルサイズ機を購入したが、いきなりフルサイズ対応レンズを購入する予算はない・・・

という方にもおすすめです。

 

手振れ補正機能などはついていませんが、この明るさなら問題なく使用できます。

今年に入ってから後続モデルの「EF 50mm f/1.8 STM」というレンズも発売され、兼ねてから言われていた「AF動作音」はかなり改善されているようです。

 

 

見慣れた風景を劇的に映し出してくれる魔法がここにあり。

キヤノンの「EF 50mm f/1.8 II」、是非一度お試し下さい。

«

»

カメラ買取専門店 カメラバーン