【カメラ魅力百選】Canon EOS 6D~新世代フルサイズ機~

――「フルサイズ機を持ち歩くのがこんなに楽になるとは。昔は想像もできなかった。」
フルサイズ機は大きくて重い。でも素晴らしい画質のために今日も持ち歩く。
「EOS 6D」はそんな「当たり前」を爽快に打ち壊してくれました。


2012年11月末にCanonから発売された「EOS 6D」。
「軽やかにフルサイズ」というキャッチコピーの通り、非常に小型軽量化されたモデルです。
軽量化されただけではなく、その画質はさすがのフルサイズ機。
プロ機に匹敵するとも言われるその描写力は素晴らしく、やわらかなボケ、階調ゆたかな表現で見る者をひきつけます。

 

 

Lレンズとの相性も良く、その解像感は是非引き伸ばして鑑賞していただきたいです。
透明感があり、繊細でエッジの利いた描写は文句なしの「フルサイズ機」そのもの。

 

発売前は小型化が発表され、グリップ感、ホールド感に不安を抱く方も多かったようですが、店頭で実機に触れた方はその新設計ボディの安定感に驚いたそうです。

ボディが軽い分、懐かしのオールドレンズを連れて出歩く。グリップの安定感はそんな楽しみも与えてくれるのです。

 

フルサイズ機に携帯性を求めても良い時代になってきました。
いつもはカメラを持っていくのに躊躇していた場所へも足を伸ばして、いつもとは違う世界が探したくなるカメラです。

 

 

――軽いだけじゃない。高感度にも強いからますます荷物が軽くなってしまうね。

 

もちろん軽くて画質が良いだけが「EOS 6D」の魅力ではありません。

特筆すべき6Dの大きなの魅力の1つが抜群の「高感度耐性」です。

 

昨今のカメラは技術の向上とともにISO感度も非常に高い数値まで対応している機種が多いですが、ノイズ等の問題で実際には使用していない、「許容範囲外」としている方が多いのも事実です。

液晶て「よし」と思っても家に帰ってPCの画面で見たらガッカリ。そんな経験をされている方も少なくないはずです。

そんな中でこの「EOS 6D」はしっかりと高感度撮影を「実用」にしてくれるカメラなのです。
ノイズを極限まで抑え、いままであきらめていた場面もしっかりと切り取ってくれます。

 

気兼ねなく高感度撮影を行えるので、夕暮れの街、動きの早い野鳥の撮影、室内でのスナップ、手ぶれ補正に頼らない撮影が可能です。

2060万画素という画素数も「ちょうど良い」数値なのかも知れませんね。

 

 

キヤノンは裏切らない」

フルサイズ機に新しい風を吹かせた「EOS 6D」。今後も後継機の展開などが気になりますね。

«

»

カメラ買取専門店 カメラバーン