【カメラ魅力百選】 Nikon D3200 ~エントリー機の革命児~

――最初に手にしたのがD3200。初めての一眼レフがこれだと、「一眼レフの良さ」しかわからないよ。

2012年5月に発売されたNikon D3200
当時のエントリー機では考えられなかった「有効画素数2416万画素」という
脅威の高画素数を誇り、カメラ業界のエントリー機の常識を覆しました。

エントリー機として初心者に優しい、様々な「ガイドモード」が設定されており、
「花や小物をアップで撮る」場合は、「クローズアップモード」
「お子様の運動会での活躍を撮る」場合は、「スポーツモード」
その他「おまかせで撮る」「フラッシュを使わずに撮る」「風景や街並みを撮る」
「ポートレートを撮る」「夜景を撮る」「背景をぼかして撮る」など、
初心者でも簡単にプロ級の写真を撮影出来ます。

まさに「エントリー機の革命」と言われた機種で、有効画素数2416万画素という特徴を活かし、
初心者でもあらゆる場面で色鮮やかで「キレイ」な写真を撮る事が出来ると評判の機種でした。


このキレイのヒミツは、先進のニコンテクノロジーによるもので、
先の有効画素数は「ニコンDXフォーマットCMOS」という当時新開発のセンサーにより、
被写体のディテールを克明に描写することを実現しています。
たとえば、初心者の方で「あ!ちょっと中心からズレて撮影してしまった!」
という時に、撮影後にトリミング(必要な部分だけ切りだして拡大)を行っても高い解像度を保つため、
写真の仕上がりが問題なく行えます。

また、撮像感度域は「ISO 100~6400」と広範囲。Hi1(ISO 12800相当)までも増感でき、
初心者にとっては難易度の高かった「夜景撮影」「薄暗い室内での撮影」
「動き回る子どもやペットの撮影」でも、画質の低下を気にすることなく
高感度設定して、高速のシャッタースピードでブレを抑えた撮影が出来ます。

ただ、特に初心者の方が声をそろえて賞賛していたのは
D3200の「デザイン」と「使いやすさ」でした。
デジタル一眼レフを初めて購入された方にとって、D3200のデザインは「The一眼レフ」、
本体の重さも「適度な重さ」で軽すぎず重すぎず使いやすくて、撮影時に何とも言えない
「デジタル一眼レフを使用している」という感覚が好評価の理由のようです。

――「初心者で、撮影の腕がないからこそ、大切な瞬間はキレイに残したい。
    ボタンひとつで、それを見事に叶えてくれる」


当時、初心者の入門機としてD3200を購入された方で、
よりもっとキレイに写真を撮影したいと思った方。

D3200は、有効画素数2416万画素でのマニュアルモード撮影と、
NIKKORレンズによる高精細な描写と豊かな階調表現を組み合わせることにより、
初心者だけでなく、プロとしても通用する写真を撮影することが出来ます。

D3200は、デジタル一眼レフの扱いに慣れてきた方でも、末永くお使い出来る機種となっています。
参考までにD3200と相性の良いレンズをご紹介します。

◎「AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G
単焦点レンズならではの高い描写性能を実現した標準レンズ。
開放F値1.8の明るさで、光量が少ない室内などでも手持ち撮影がしやすく、
また美しいボケ味を生かした撮影が可能。
被写体を自然に捉えるスナップや風景撮影に最適です。

◎「AF-S DX NIKKOR 55-300mm f/4.5-5.6G
遠くの被写体をぐっと近くに引き寄せる超望遠ズームレンズ。
高いブレ軽減効果を発揮する手ブレ補正機構(VRⅡ)を搭載しています。
被写体に気付かれずに自然な表情を捉えたい時や、スポーツや動物などの撮影で、
遠くの被写体を大きく写したい時などに便利です。

◎「AF-S DX Micro NIKKOR 40mm f/2.8G
D3200のコンパクトなカメラボディーにフィットする小型・軽量のマイクロレンズ。
標準レンズに近い単焦点距離で、高い解像力と大きく美しいボケを活かした、
等倍までのクローズアップ撮影を気軽に楽しめます。
ポートレートや風景の撮影などでも独特の味わいが得られます。

はじめての人にも優しい操作性と、どこにでも持っていける、軽くて、小さくて、使いやすい、
ニコンデジタル一眼レフカメラD3200。みんなが「いいね」と微笑むような、
本当にいい写真を撮る歓びを、あなたの毎日に届けてくれる機種となっています。
D3200で、皆さんの毎日を鮮やかに撮りましょう。

«

»

カメラ買取専門店 カメラバーン