【カメラ魅力百選】 Nikon D750 ~美しい絵を常に身近に~

――年寄りだから思うよ。「若い世代でも簡単に外へ持ち出せる良いカメラだな」って。

オートフォーカス、操作性、そして高感度耐性・・・
総合的に見て高評価を得ているD750。
「攻めよ、表現者」と言うコンセプトは、
まさに表現者の意図を細部まで汲み取ってくれる事を物語っています。


中でも、『高感度耐性』と『ホールド感』の評判は非常に良い印象を受けます。

ISO12800を常用してもなんら問題なく、暗くなるシーンも怖くはありません。
それにあわせて、暗所AFの機能も進化しております。

ホールド感に関しましても、1回手に取っただけで抜群の感触を感じ取ったユーザー様が多数。
ホールド感が優れていれば、写真がブレる心配も防げます。
D7000およびD7100のユーザー様は、特に感動を覚えたそうです。

――「展示品のD750を手に取らせてもらった。その時、一瞬で感じ取った。
    『あ、自分はこのカメラを買うな』と」


それぞれのユーザー様の手にある『感覚』『感触』は、すでに決まったものを呼び寄せているのかもしれません。

同じフルサイズでD800シリーズやD600シリーズがありますが、
このD750は、それぞれの良い所をつまみ食いしたかのようなカメラで、
オールラウンダーが好きなユーザー様はハマる機種です。
オートモードでもしっかりと美しい写真を作り上げるため、
若者でも手軽なスナップ写真が楽しめるカメラと言えます。

昔のD700では考えられなかった「Wi-Fi」の機能も搭載され、
自分が作り上げた感動の絵を、すぐに仲間に配る事も可能です。

もうすぐハロウィン。
ハロウィンイベントは薄暗い中での行事が多少なりとあると思いますが、
進化した[暗所AF]機能で、ストレスなく撮影を楽しんでみるのも良いかと思います。

«

»

カメラ買取専門店 カメラバーン